「足が痛くならない」ハイヒールの選び方
ー靴選びの3つの秘訣ー

「ハイヒールを履くと必ずかかとやつま先の痛みが」「途中で脱ぎたくなって履いてきたことを後悔する」「大奮発して買ったお気に入りのヒールなのに、足が痛すぎて一回履いただけでお蔵入り」
こんなお悩みはありませんか?

足がきれいに見えてファッショナブルなハイヒール。履きたいけれど足が痛くなってしまうことが続くと履きたくなくなってしまいますよね。
何より足が痛い状態で無理やり履き続けると外反母趾などの足のトラブルの原因に。

今回は、足が痛くなってしまう原因と足が痛くならないヒールの選び方についてお伝えします。


1.足が痛くなる3つの原因


ハイヒールを履くと足が痛くなってしまうのには次のような3つの原因が考えられます。

  1. 歩きやすいハイヒールを選べていない
  2. 体に負担をかける歩き方をしている
  3. 足裏や足指の筋力不足

足が痛くなってしまう人は1.の靴選びの段階で「足が痛くなってしまうヒール」を選んでしまっているケースがとても多いです。
靴選びを間違えてしまうとどんなに気をつけて歩いたとしても足の痛みや辛いトラブルは起きやすくなります。

正しい靴選びはハイヒールを痛くなく履きこなす上で必ず押さえておかなくてはいけないとても大切なポイントなのです。

2.ハイヒール選びの秘訣1:「デイリーハイヒール」と「ドレスハイヒール」を使い分ける

ハイヒールと一口に言っても実は機能別に大きく分けて2つのタイプがあります。

見た目がおしゃれで美しく繊細な造りで、ファッションにアクセサリーのような彩りを添えるファッション性重視のハイヒール、名付けて「ドレスハイヒール」。

そして たくさん歩いても足が痛くならず足トラブルも起こしにくい歩くためのハイヒール、名付けて「デイリーハイヒール」 です。

1)イベントで華やかに魅せる「ドレスハイヒール」


海外ドラマなどで、主人公がおしゃれなハイヒールで町を闊歩している様子はとてもカッコいいですよね。大人女子の憧れの「ドレスハイヒール」
でも残念なことにドラマのように街を闊歩するのにはあまり適していないのです。

「ドレスハイヒール」とは、

・10cm前後の高いヒール
・ヒールの太さが細いピンヒール
・靴の先端が大きくとがっているタイプのポインテッドトゥ
・かかとが覆われていないミュール
・靴底が厚いプラットフォームヒール

などです。

とてもキュートでスタイリッシュなデザインのものばかりですが、歩行が不安定になったり足指が靴の中で押し込められたりしやすく、長時間街歩きを続けると足を痛める原因にもなってしまいます。

元々ドレスハイヒールはパーティードレスを引き立てるための「宝石のような靴」として作られたものが多いため、パーティーやイベントの会場内で歩き回らずに短時間過ごすには適していますが、長時間の街歩きをすることを想定されて作られていないと言えます。

ドレスハイヒールを履きたいときは、パーティー会場やレストランなどに持参して現地で履きかえ、行き帰りには歩きやすい「デイリーヒール」を履くといいでしょう。

2)ストレスなく歩ける普段着感覚の「デイリーハイヒール」


一方、歩きやすく足が痛くなりにくい普段使いの「デイリーハイヒール」は以下のようなものです。

・ヒールの高さは7cm
・ヒールが太く安定している
・かかとが覆われている
・ストラップがついている
・靴先がとがりすぎていない(靴の中で足指が曲がったり重なり合ったりしないもの)
・靴底が柔らかい

こうした靴はかかとが脱げたり足指が靴に当たったりしないため、痛みが出にくく疲れにくく安定して歩くことができます。

またプレーンパンプスは意外とかかとが脱げやすく疲れも出やすいタイプの靴なので、歩く時は市販のハイヒールバンドをつけるのがおすすめ。
「ハイヒールを初めて履く」という人や久しぶりに履く人は、3cm〜5cmのミドルヒールから慣らしていくとよいでしょう。

3. ヒール選びの秘訣2:自分の足型に合った靴を選ぶ

もう一つ大事なポイントは自分の足の形と靴の先端の形を合わせること。足の形には足の指の長さ別に3つの型があり、それぞれに適したタイプの靴があります。

マダム由美子公式HP「ハイヒールの正しい履き方、美しい歩き方」より

・親指が一番長い「エジプト型」(日本人に多い)
おすすめのタイプ:オブリークトゥ、ラウンドトゥ

・人差し指が一番長い「ギリシャ型」(西洋人に多い)
おすすめのタイプ:アーモンドトゥ、ラウンドトゥ、とがりすぎていないポインテッドトゥ

・親指と人差し指の長さが同じ「スクエア型」
おすすめのタイプ:スクエアトゥ(ラウンドトゥ)

新しい靴を購入する時には靴のつま先の形にも注目して選んでみてください。

4.ハイヒール選びの秘訣3:売り場でのチェックポイント

1)靴の中で足指が曲がらず伸びているか

靴の中で足指5本がすっきり伸びているのが理想的です。5本すべての指に力が入れられてこそ安定して歩くことができます。足指を無理に曲げて履くと外反母趾やタコやマメの原因になるので注意してください。

2)足と靴底がフィットしているか

歩いているとき、足に吸いついてくるような一体感があれば歩きやすいだけでなく足も疲れません。どんなに気に入っても履いた時にどこかが当たっていたりきつい感じがする場合はあきらめた方がいいでしょう。

3)かかとが浮いてプカプカしないか

サイズが合っていないと靴擦れを起こしやすく、足裏が痛くなり疲れてしまいます。

ハイヒールに慣れていない人はできるだけ足首や甲にストラップがついた靴をおすすめします。足と靴底が固定されて歩きやすくなり、疲れや痛みも出にくくなります。

またかかとが浮いてしまう人の中には「前すべり」をしてかかとがプカプカ浮いてしまっている人も。前すべりをしてしまう場合は前滑り防止のインソールを入れることをおすすめします。

お店で試し履きをするときには10分ほど売り場を歩いてみて上の3つをチェックをしてみてください。

おわりに:上手にハイヒールを選んで快適なハイヒールライフを

ハイヒールで足が痛くならない第一歩は正しい靴選びから。TPOで靴を上手に使い分けて、おしゃれを楽しみながら快適なハイヒールライフを楽しんでくださいね。


CALENDAR カレンダー

2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
赤字は定休日となります。
12/25(土)から1/3(月)までは冬季休業となります。
5営業日以内に、発送させていただきます。
天候等により商品の到着が遅れる場合がございますことをご了承ください。

ショッピングガイド

SHIPPING 配送・送料について

日本郵便
送料は、お届け先の地域によって異なります。
以下をご確認ください。

北海道:1,500円
本州・四国・九州:900円
沖縄:1,600円

*クリックポスト(ポスト投函、追跡あり)または普通郵便(ポスト投函、追跡なし)にて発送する商品は、送料無料です。
*レターパックプラス(追跡あり)にて発送する商品は、送料500円です。
*ご購入点数で配送料が異なります。
 買い物かごに商品を入れ、購入数を入力していただき、注文確認画面にて送料をご確認ください。

RETURN 返品について

不良品
万が一、商品に破損等があった場合は、至急お取り替えいたしますので、事前にメールにてご連絡の上、商品到着日から7日以内に着払いにてご返送ください。
未使用での場合のみ返品への対応をさせていただきます。お客様のもとで破損、汚れが生じた場合は返品に応じかねます。

※パソコンでの閲覧という特性上、商品の画像が実際の色目と多少異なる場合がございますことをご了承ください。
 画像の色目については当方の不備として扱いません。色などについて詳しく知りたい方は、お買い上げ前にお問合せください。
※インナーアンクルチャームタイツは伸縮性に富んだタイツのため、配送時の振動の影響で、パッケージのひし形の中央に位置するチャームの位置が寄った状態になる場合がございます。デザイン・品質に全く問題がございませんのでご了承ください。
返品期限
事前にメールにてご連絡の上、商品到着日から7日以内にご返送ください。
ただし、下記(1)〜(3)の場合は返品をお受けできません。
(1) 1度使用された商品
(2) 商品タグ・ラベルを外した商品、付属品不足の商品
(3) お客様の責任により、汚損または破損した商品(タバコ・香水等の匂い移り、
ファンデーション、ペット毛等の付着など)

お客様都合による返品の送料はお客様ご負担となります。
返品送料
商品の破損等、不良品に該当する場合は当方にて負担いたします。
不良品以外の返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。

PAYMENT お支払いについて

商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)
ご注文商品をお受取りいただく際、商品と引換えに、 配送業者へ商品代金をお支払ください。
※代金引換の場合、代引手数料 220 円(税込)を別途いただきます。
クレジット
VISA、MASTER、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースがご利用いただけます。
お支払い回数は、一括払のみとなります。